考えている事

環境のことを考えた取り組み

投稿日:

企画は随分前からしていたのですがなかなかお店として行動できていなかったのが、自分たちがお客様へお渡しするときのレジ袋のことについてでした。

スターバックスが2020年までにプラスチックストローを廃止するという動きも注目されていますが、自分たちのような小さな店でも年間でかなりの数のレジ袋(ビニールのモノも紙のモノも)を使用しています。

そんな日々の営業の中で思うこともあり、地球環境へ及ぼす様々な問題のことを考え、自分たちはエコ・バッグを使ったサービスを始めることにしました。

 

地球の環境問題はとても大きな問題ですが、自分たちに出来る小さなことから始めようと思います。

スポンサーリンク


オリジナル エコバッグについて

なんの変哲もないエコバッグひとつひとつに、オリジナルのプリントを施しました。

完全にオーガニックのインクは、自分たちが知る範囲ではありませんが、なるべく環境に配慮したものを…ということで、タトゥーインクを顔料にプリントを行っております。

また、ボディにもコットンのモノ、エコマーク認証の付いたモノを使用しました。

 

analogが創業時から続けているシルクスクリーンを使ってのハンドプリントは、1日に30点ほどしか商品をつくることが出来ません。

一点一点の微妙なプリントの違いや、独特な質感があり、自分たちはこのやり方にこだわりを持って制作を続けております。

メッセージやロゴを手作業でプリントしたエコバッグは全4種類(analogから3種、店舗2階のヨーガ教室Bijaから1種)。

店頭で6,000円以上のお買い物をして頂いたお客様には無料でプレゼントさせて頂きます。(環境問題についての取り組みですので、お一人様お一つまでとさせていただきます。)

また、次回ご来店時から、このエコバッグをご持参いただいたお客様には、お買い上げ合計金額から100円分をレジ袋代として割引させて頂きます。

 

通常価格は1,300円+消費税となります。

 

新しい商品

今年の9月からは本格的に舵を切り、商品展開に関する考え方を新しくしてオリジナル商品の制作を行っています。

新入荷の商品…

analog x Zanter CORDURA MIL OX VINTAGE DOWN PARKA

南極観測隊に60年間もの間ダウンジャケットを提供し続けているザンターさんに別注をお願いし、制作したanalog オリジナル ダウンジャケット。

裁断・縫製は勿論、ダウンの洗浄など、表面からは見えないところまで丁寧につくられた日本製の商品です。

関連記事:ザンタージャパン 別注ダウン 2018秋冬

 

Print With Tattoo Ink. Irony Eco Tote | analog オリジナル エコバッグ

こちらのエコバッグも本日よりオンラインショップに掲載致しました。

 

Print With Tattoo Ink. Irony Tee Shirt “NO POINT”

NO POINT = 意味がない

遅くなってしまいましたがこちらのハンドプリントTシャツもオンラインショップに掲載いたしました。

 

最後に…

最近、ブログ更新がなかなか出来ずにいます。

そんな状況にも関わらず沢山の方がアクセスしてくださっているようで、なかなか期待に沿えず申し訳ございません。

今、analog スタッフで、ミツマル燻製所(スモークチーズ、スモークベーコン)の運営やブランディングなどに取り組んでいます。

後ほど改めて連絡があると思いますが近況報告ということで…

よかったらこちらもご覧になってみてください。

ミツマル燻製所 楽天ショップページ

https://www.rakuten.co.jp/mitsumarukunsei/

 

記事執筆:加藤将

-考えている事
-,

執筆者:


comment

関連記事

analog

アナログ的運営。

  沢山の情報が溢れていて、どれを信じればいいのでしょうか。時代が変わるという事は、ルールが変わるということなのだと思います。そんな中で、唯一変わらないもの。それが、全ての元になる「anal …

戦争反対

nein,no,non 北朝鮮とアメリカ

今日は2017年4月14日、ニュースでは北朝鮮に対するアメリカ軍の動きが報道されています。いったいこれからどんな時代が待ち受けているのでしょうか。時代は遡り1960年代サンフランシスコのヘイト&アッシ …

Hi,how are you?

I hate myself and want to die. と、カート・コバーンは挨拶の時にジョークを言っていた時期があったそうで、ニルヴァーナ最後のスタジオアルバム”In Utero& …

analog

「これからお店を持つ皆さんへ」店をやるって、一喜一憂の繰り返しです。

この店を1999年に立ち上げてから、その毎日を一言で言うなら「一喜一憂の日々」と表現するとピッタリ来る。この記事を書いているのが2017年であるから積み上げて来たのは18年間。永いようで短い時間だ。時 …