お店からのお知らせ

キルティングニットのプルオーバー。

投稿日:

doublegiving

キルティングニットの生地を見つけて沢山のサンプルを作り、一番雰囲気の良かったプルオーバーが工場から上がってきました。新年の初売りからご紹介が始まります。カラーは3色ありホワイトのみ襟、裾、袖口のリブがボディと同色ではなくブラックになります。ラグランスリーブのプルオーバーは、一番アウターに着る事を想定していますのでアームホールも若干大きめでゆったりとしたシルエットです。

スウエットの代わりに、ラフに着て頂ける商品。キルティング調の生地は伸縮性があり着やすく仕上げています。同生地でジップパーカーなどのサンプルも作りましたが、どこかありきたりの雰囲気になってしまい。その中でも一番新鮮に見えたプルオーバーを製品化しました。

生地は国内の生地で、縫製も国内(名古屋)の工場様にご協力を頂き生産しました。

 

 

スポンサーリンク


 

約10センチ四方の生地サンプルだけを見て製品をイメージする事はなかなか難しい作業です。食べ物と同じで生地にも鮮度があって、サンプルを見たタイミングと製品化される時期のタイミングを考えていかに新鮮にデザインできるかを考えるようにしています。キルティングニットは、需要も多く大半はジャケットもしくはジャケットのライニングとして使用される事が多いのですが、あえてプルオーバーの形状を作った理由は、通常作らないであろうスタイルにする事によってファッション的に新鮮に見える事が多い為です。

 

来年はお店での商品展開を2つの方向で考えています。まだ計画の段階ですが、少し今までと違うイメージの品揃えになる可能性もあります。今、クラウドファンディングに掲載しているコーヒーのプロジェクトも成立するかしないかには関わらず、数年後のアナログの重要な位置をしめる計画の一つとなりますが、お店の売場に関しても春ごろの計画が一つと冬の計画を一つ進めています。この計画は来年にまた詳しく記載致します。様々な面での募集事項なども加えさせて頂く予定です。

 

キルティング・ニットプルオーバーのカラーはホワイト・ブラック・ネイビーの3色です。

キルティングニット

2018年1月2日午前11時からオンラインストアーと実店舗同時にご紹介を開始致します。

オンラインストアーのページは当日のご紹介時間より閲覧が可能になります>>

 

■2018年初売りよりご紹介の製品:関連記事:あいず、暗号。SIGN

 

 

 

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

関連記事

マウナケア 靴下

mauna kea(マウナケア)| 手回し編み機の靴下。

奈良県広陵町にて手回し編み機を使い作られているマウナケアの靴下。以前から品揃えの一つとして取り扱いをさせて頂き、2018年の秋冬には別注も視野に入れながら動いています。昔の技術は何処か暖かく、そして現 …

analog朝市

朝市開催のお知らせ。

5年程続けて開催してきた朝市。規模は相変わらず小さい規模ですが、2017年より本格的な朝市にしていきたいと思い、様々に動いています。開催は1ヶ月に一度週末の土曜日を使い開催しています。現状では野菜の販 …

19周年を機に始めるもう一つのこと

先日の記事で紹介させていただいた、19周年を機に、デニムの代替案として、オルタナティブジーンという名称でスタートするオリジナルのボトムスライン。 関連記事:19周年を機にスタートします。 それに加えて …

DOUBLEGIVING

3WAYストール。

実は第二回目の生産です。以前勤めていた女性スタッフが考え出した商品で、腰巻、ポンチョ、ストールの3WAYとして使える製品。ポケット一箇所と左右にボタン・ボタンホールが取り付けられています。アウトドアシ …

analogオリジナルのデニム。

毎回同じシルエット、同じデザインで素材だけを変えて展開するanalog(Giving and Giving)のオリジナルデニム。紳士服仕立ての可能な工場にお願いして小ロットで生産するデニム。デニムの工 …