お店からのお知らせ

キルティングニットのプルオーバー。

投稿日:

doublegiving

キルティングニットの生地を見つけて沢山のサンプルを作り、一番雰囲気の良かったプルオーバーが工場から上がってきました。新年の初売りからご紹介が始まります。カラーは3色ありホワイトのみ襟、裾、袖口のリブがボディと同色ではなくブラックになります。ラグランスリーブのプルオーバーは、一番アウターに着る事を想定していますのでアームホールも若干大きめでゆったりとしたシルエットです。

スウエットの代わりに、ラフに着て頂ける商品。キルティング調の生地は伸縮性があり着やすく仕上げています。同生地でジップパーカーなどのサンプルも作りましたが、どこかありきたりの雰囲気になってしまい。その中でも一番新鮮に見えたプルオーバーを製品化しました。

生地は国内の生地で、縫製も国内(名古屋)の工場様にご協力を頂き生産しました。

 

 

スポンサーリンク


 

約10センチ四方の生地サンプルだけを見て製品をイメージする事はなかなか難しい作業です。食べ物と同じで生地にも鮮度があって、サンプルを見たタイミングと製品化される時期のタイミングを考えていかに新鮮にデザインできるかを考えるようにしています。キルティングニットは、需要も多く大半はジャケットもしくはジャケットのライニングとして使用される事が多いのですが、あえてプルオーバーの形状を作った理由は、通常作らないであろうスタイルにする事によってファッション的に新鮮に見える事が多い為です。

 

来年はお店での商品展開を2つの方向で考えています。まだ計画の段階ですが、少し今までと違うイメージの品揃えになる可能性もあります。今、クラウドファンディングに掲載しているコーヒーのプロジェクトも成立するかしないかには関わらず、数年後のアナログの重要な位置をしめる計画の一つとなりますが、お店の売場に関しても春ごろの計画が一つと冬の計画を一つ進めています。この計画は来年にまた詳しく記載致します。様々な面での募集事項なども加えさせて頂く予定です。

 

キルティング・ニットプルオーバーのカラーはホワイト・ブラック・ネイビーの3色です。

キルティングニット

2018年1月2日午前11時からオンラインストアーと実店舗同時にご紹介を開始致します。

オンラインストアーのページは当日のご紹介時間より閲覧が可能になります>>

 

■2018年初売りよりご紹介の製品:関連記事:あいず、暗号。SIGN

 

 

 

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

関連記事

19周年を機に始めるもう一つのこと

先日の記事で紹介させていただいた、19周年を機に、デニムの代替案として、オルタナティブジーンという名称でスタートするオリジナルのボトムスライン。 関連記事:19周年を機にスタートします。 それに加えて …

Wg graffiti

小さな街から発信するハンドプリント

1999年に始めた手作業のシルクプリント。Tシャツなどのボディーの好きな位置にどんなふうにでもプリントしたいという事から、専用のプリント台やスキージなどに至るまで、「身近にあるもの」「自分の手の届く範 …

コンバースタイムライン

コンバースタイムラインとパイルボーダー。

パイル素材を使ったボーダーロングスリーブ。毎シーズンこの時期にはボーダーの長袖を販売しているのですが、今年はパイル素材でシルエットデザインもタイトなものからコンフォートサイズに変更して売場に並べます。 …

ハンドプリント プルオーバーパーカー デザインについて

本日(12月2日)より、ご予約受付中の新しいデザインのハンドプリント・パーカー。   アメリカメーカーのパーカーを使い、手作業でプリントするハンドプリント製品。 まとめて制作を行えるというこ …

ダブルギビング

Wgリネンエンブロイダーシャツ 18 Anniversary

先日の記事の続きです。全てのカラーのサンプルが揃い本生産分が2017年の月末には上がってくる事になりました。上の写真の一番左は先日ご紹介した製品。右がリネンの無地。それぞれ同じ形でWgの刺繍が入ります …