お店からのお知らせ

CONVERSE TIME LINE / コンバースタイムライン取扱い店

投稿日:2017年1月20日 更新日:

コンバースタイムラインジャックパーセル

数年前に展開を開始したコンバースのタイムライン。様々なカテゴリーに分かれているコンバースのラインナップの中でも、取扱い店舗が限られているランクの製品です。シーズン毎に1アイテムのみが製造され展開されています。タイムラインが立ち上げられた当初よりも取扱い店舗は絞られているのが現状のようです。インターネットでの販売は禁止という決まりも設けられており、コンバースの最上位に立つアディクトと同じような展開がされているタイムライン。販売をしている側として、年々そのタイムラインの価値が高まってきているように感じています。

 

スポンサーリンク


 

タイムラインの製品は、単なる復刻ではなく「リモデル」と言われています。通常のモデルとタイムラインを比較した時に、販売している側には明確な違いがわかりますが、もしかしたら一般のお客様にはわかりにくい部分も多くあると思っています。

 

そもそも、コンバースにそんなシリーズが存在している事も多くの方々には届いていない為、改めてこの記事を掲載させて頂いた意図もあります。2014年の秋冬からスタートしたコンバースの新しいプロダクトレーベル。販売する側もこのレーベルの成長に期待しながらご紹介させて頂いている事は事実です。

 

ジャックパーセル80 Jack Purcell 80

コンバースタイムラインの第二作目となっていたジャックパーセル80。2015年にデビューした製品です。第一作目はワンスター、ジャックパーセルの後はウエポンが販売されました。弊店analogでは、音楽を一つのキーワードとして展開してきた事から生前のKurt Cobainが履いていたジャックパーセルに関して大切に販売をしていました。

 

タイムラインのジャックパーセル80(生誕80周年記念モデル)は当時入荷の後、半数を店頭に出しすぐに売り切れてしまいました。残りの半数を少し年月が経ってから2016年の10月頃改めて店頭に出し、大切に販売を続けています。

 

オークションサイトなどを見ると、当時よりは高めに設定された価格で出品されているのを目にしますが、弊店では販売当初の価格にて販売を続けています。さすがに在庫は薄くなっているのですが、キャンバス・スゥエード共に若干の在庫を持っています。(2017年1月現在)

 

私自身の趣向により、ジャックパーセルには昔から思い入れがあった為このような販売手段をとっているのですが、その他タイムラインから発売されてきたワンスターやウエポンに関しては完売後の在庫は持っておらず、ジャックパーセルのみできるだけ長く店頭に置いておきたいという考えから上記のような方法をとりました。そして、今後も変わらずタイムラインの取扱いが継続できる間、新しい品番を店頭にて行って参ります。

 

オンラインでの販売は禁止されているのですが、analogでは「店頭に入荷します」というお知らせをメールマガジンで配信しておりますのでご興味のある方はこちらよりご登録頂けます。(ご登録は無料・週一度様々なタイトルで配信しています)

 

 

-お店からのお知らせ

執筆者:


comment

関連記事

レディースB品市開催・7月28日(土)~30日(月)analog店頭にて。

  今月のレディースB品市は、2018年7月28日(土)、29日(日)、30日(月)の3日間analogに隣接するイベントスペースadl(アナログデザインラボ)にて行います。 *7月28日( …

DoubleGiving

自分だけの洋服を自分のサイズでつくりたい。

analogではこんなサービスを行っています。どんなサービスかと言うと、良い生地を見つけた時に生地を仕入れストックし、ご来店されるお客様から「こんなものが欲しいんだよね」という話が出た時に、こんな生地 …

今週末の事。2018年3月31日・4月1日

先月企画を入れた新しい商品が3アイテム入荷しています。今日はお店はお休みですが週末の準備で店内は荒れ放題、これから値札を付けて金曜日までには店頭に出せるよう準備をします。今回の入荷は1月中に企画をまと …

コンバースタイムライン

コンバースタイムラインとパイルボーダー。

パイル素材を使ったボーダーロングスリーブ。毎シーズンこの時期にはボーダーの長袖を販売しているのですが、今年はパイル素材でシルエットデザインもタイトなものからコンフォートサイズに変更して売場に並べます。 …

18周年記念リング

幸運を運ぶ馬蹄のリング 18 Anniversary

analogは4月の末で18周年を迎えます。いつもの周年際では、セールを開催したりカフェスペースでライヴを行ったりするのですが、今年の18周年は記念になるような製品をつくる事になりました。そして同時に …