Excitement Inport Fair. analog 18 Anniversary

analog shizuoka

昨日に続き2017年4月29日(土)より開催のanalog 18周年記念祭でご紹介させて頂く商品群のご紹介です。様々な所から集めた殆ど一点もののインポート商品を中心としたフェアー、約100点のアイテムが並びます。昨日ご紹介したプリティーグリーンのコアアイテムと共にanalog地下フロアーに期間限定にてコーナー展開致します。

関連記事:プリティーグリーン | Pretty Green analog 18 Anniversary

スポンサーリンク


洋服を見る楽しさ

洋服を扱う側から見て、店内を一つの世界観にまとめ上げて行く事は大切な事だと僕は常々思っています。けれども、それは内側からの見方であって、時に何か興奮を覚えるような商品が並んでいる事に欠けているのではないだろうか。とそんな事を時々感じています。

今回インポートを中心とする多彩なバリエーションを期間限定で品揃えに加える事は、そのエキサイティングな雰囲気を付け加える一つのきっかけとして、18周年際での展開を決めました。

普段取り扱いをしていないイタリアブランドを初めとする商品達は、着るのが難しいと感じてしまう製品も多いのですが、見て何か興奮を覚えるような製品郡です。綺麗な色、国内メーカーでは使わないような配色、そして素材の数々。弊店オリジナルの製品は比較的シンプルで、流行に左右されない製品ですからこのきっかけでBasicとExcitingが揃う事になり、より楽しんで頂ける売り場へと変容していくと思っています。

古着をピックしている時のような楽しさ。

オリジナルの製品を全体の8割以上にして以来、洋服を見る事の楽しさを自分自身が忘れかけていた事に気づきました。いつしか、それは商売としての目線が残り、楽しむ大切さを忘れていたのだと思います。インポートの製品は、この日本とは全く違う環境から産まれてきたもの。例えばスキニーデニムは寒い国で産まれたからこそ、裾口がブーツに入らなければいけなかったりと僕らがその文化に触れなければわからない事が沢山あります。

何故、そこにポケットが付いているのかや、何故そのシルエットなのか、何故、何故・・が沢山詰まっている事を再認識するきっかけでもあります。今回ご紹介の製品を選んでいる時、昔アメリカで古着のピックをしていた時のワクワクする気持ちを思い出しました。

洋服は、それぞれの方のストーリーを共に作り上げていきます。あの時、この服を着ていたな。そんな事が思い出の一遍となり、あなたの生き方にだって影響を及ぼすでしょう。それこそが、僕らの提案したいファッションです。頑なになりすぎていた自分たちの品揃えを少し見直すきっかけでもある今回の周年際。沢山の方に見て頂きたい商品です。

一部を写真でご紹介致します。

ここに載せるのは、ほんの一部です。残念ながらオンラインではご紹介致しませんけれどもお近くの方は是非手にとって見て頂ければと思っています。

analog18周年

analog shizuoka

analog18周年

analog18周年

analog18周年

analog18周年

analog18周年

analog18周年

analog18周年

analog18周年

*製品は全てメンズです。一見レディースのように見えるものもありますがおよそ100点入荷する製品はメンズでのご用意となります。

Follow me!

コメントを残す