お店からのお知らせ

プリティーグリーン | Pretty Green analog 18 Anniversary

投稿日:2017年4月23日 更新日:

プリティーグリーン

analogの18周年を記念して、2017年4月29日(土)からプリティーグリーンのフェアを実店舗において開催する事になりました。思い起こせば、2007年に弊店がその時力を入れて展開していたイギリスのブランド・ベンシャーマンのコレクションがLIVE FOREVERというタイトルでOASISを取り上げたコレクションでした。ベンシャーマンとの取り組みは、弊店が日本において先駆けとなりダブルネームの展開を7年14アイテムに渡り展開していた事を思い出します。その流れから現在も展開しているプリティーグリーンの定番商品に関して期間限定で4月29日(土)から始まるanalog18周年際にてご紹介致します。

*analogはプリティーグリーンの正規取り扱い店です。

 

 

スポンサーリンク


 

 

プリティーグリーンに関して。

プリティーグリーンは、2008年に産まれたイギリスのブランド。2009年に開催した英国のバンドOASIS(オアシス・オエイシス)のボーカリストであるリアム・ギャラガーによって立ち上げられたブランドです。1963年頃のMODSムーブメントの流れにリアム・ギャラガー自身の自分が着たい服の要素がプラスされ製品化されているブランドです。Drapers Menswear Brand of the Yearという英国ファッションの中でも格式の高い賞を受賞してから約7年が経ち、プリティーグリーンは更に進化を続けています。1980年にザ・ジャムが発表したSound Affectsというアルバムに収録されている楽曲タイトルにプリティー・グリーンというタイトルがあり、同ブランド名もここから引用されたのではないかと推測しています。

 

analogでは現在のプリティーグリーン・ジャパンが発足する前から、日本では比較的早い段階で取り組みを開始しました。OASISの音楽性や、リアムの兄ノエル・ギャラガーのファンでもあった僕の個人的な趣向も合わせ品揃えに加えたいというのが当時の趣旨で、その時、日本の代理店的な役割を果たしていた会社様と話を進めて品揃えは実現し今日に至ります。

 

analog18周年際では、

シーズン事にコンセプトを持ち、様々な製品を発表しているプリティーグリーン。弊店での通常の品揃えは、そのコレクションからピックアップした商品のみを展開しているのですが、今回の周年際では定番とも呼ぶ事のできるコアカテゴリーを期間を限定してご紹介する事になりました。現在入荷している製品の一部を写真でご紹介致しますけれども、開催日の2017年4月29日までにはポロシャツなど今回写真では掲載しないアイテムもご紹介致します。

プリティーグリーン

プリティーグリーン

プリティーグリーン

プリティーグリーン

プリティーグリーン

プリティーグリーン

プリティーグリーン

開催は2017年4月29日(土)より、analog地下フロアーに専用スペースを設けてご紹介させて頂く予定でおります。またこの日は18周年記念際という事もあり、その他沢山の製品が店頭に並びます。

analog

静岡県駿東郡清水町新宿257-1

こちらの製品はオンラインストアーには掲載致しませんので予めご承知置き下さいませ。

 

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

関連記事

DOUBLEGIVING

3WAYストール。

実は第二回目の生産です。以前勤めていた女性スタッフが考え出した商品で、腰巻、ポンチョ、ストールの3WAYとして使える製品。ポケット一箇所と左右にボタン・ボタンホールが取り付けられています。アウトドアシ …

マウナケア

奈良県広陵町で生産した手回し編み機の靴下。

奈良県広陵町で手回し編み機を使い生産されているマウナケアのくつした。今回は今年2017年秋冬の新しい製品を揃えて11月2日~4日まで特集を組みご紹介をさせて頂く事になりました。 昔の技術を使い生産され …

地下フロアーを半年かけて一新します。

analogは2018年の秋冬に向けて、今後展開していく商品の構成を変更します。沢山の選択肢がある中で、様々に頭をひねり考えた結果あるひとつの方向にまとまりました。そしてオンラインストアー並びにお店の …

ザンター別注

ザンタージャパン 別注ダウン 2018秋冬

今年、2018年の秋冬にご紹介を予定しているダウンジャケットは、60年間南極観測隊にダウンを供給し続けてきたザンタージャパンへの別注です。これから暑くなろうとしている時期ですが、10着だけの生産の為、 …

doublegiving

19周年を機にスタートします。

「オリジナルなんです」なんて言ってみてもお店の独りよがりに過ぎません。もう何年もそんな事を感じてきました。そんな中で考えている事というよりは「オレはこれがやりたいんだ!」という一歩手前がこのデニム代替 …