お店からのお知らせ

HANDPRINT PARKA

投稿日:

analog創業時から18年間続けてきたハンドプリント。

シルクスクリーンを使って一枚一枚、ボディとなるTシャツやパーカー等、洋服をキャンバスに見立てて制作するのが、自分たちのスタイルです。

工場では頼めないような位置へのプリントや、タトゥーインクを顔料にしてのプリントなど、シルクスクリーン・プリントの伝統的な技法に自分たち独自のアイディアを加えてきました。

手刷りならではの一枚一枚違った独特な雰囲気もお楽しみ頂けるハンドプリントは、analogの顔の一つです。

新デザインのプルオーバー・パーカー

新しいデザインはプルオーバーのパーカーにプリント予定。

自分たちの手の届く範囲のもので…

というD.I.Y.的なコンセプトのもと始まったハンドプリント。

今回の製品では、アメリカメーカーのインナー用にも使える8.0oz裏起毛のパーカーをボディに使用致します。

牛の頭蓋骨にペイズリー柄の模様を描き込んだデザインは、アート活動も行っているスタッフが制作したラフスケッチを、そのままシルクスクリーン版用のデータに落とし込んだもの。

 

死を思わせる骸骨と、生命の象徴でもあるペイズリー柄を同時に一つのイラストに描き込みました。

シルクスクリーン独特のプリントの風合いと、ラフスケッチの粗削りで抽象的な雰囲気の相性を考え、あえてラフスケッチをデザインとして製版を行います。

スポンサーリンク


プリントはバック、フード部、左胸の三か所へ、ブラックのボディにホワイトのインクでプリントを行う予定です。

 

こちらのデザインは、12/2(土)・3(日)の二日間、サンプルをご用意して予約会を行う予定です。

ハンドプリントについて

シルクスクリーン・プリントは多くの芸術家も導入している、芸術品を複製するための技術の一つで、孔版画の一種。

analogでは、音楽やメッセージ系のプリントから始まり、ミュージシャンがステージで着用してくれたことも…、現在ではイラストデザインのプリントも行っています。

その時、自分たちが感じたこと、考え方やメッセージをプリントしているという根底の部分は今でも変わらず、イラストはメッセージの隠されたものになっています。

これからも、自分たちのその時々の感覚で、メッセージやデザインを考え、制作していきます。

シルクスクリーンの小話

アンディ・ウォーホルを始め、多くの芸術家が使用してきたシルクスクリーンでのプリント。

音楽、特にアンダーグラウンドのパンクやハードコア・シーンのなかでもD.I.Y.の精神が根付いている人たちは、シルクスクリーンプリントの機材を導入して、自分たちの音楽アルバムのアートワークのプリントを自分たち自身で行っていたそう。

とくに初期のパンクやハードコアのシーンでは、レコード会社に相手にされなかったこともあり、自分たちでレコードの制作を行っていたそうです。

アメリカ西部のある伝説的なパンクバンドは、音楽よりも先に、バンドTシャツを作るところから活動を始めたそうです。

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

関連記事

wgグラフィティ

イベントスペースは2017年2月末Wg graffitiにリニューアル

ながい間イベントスペースとして使ってきたanalog本店に隣接するイベントスペース。正直な所、隣のスペースまで手が回らずアウトレット品などをお安くご紹介するスペースとして使用してきました。今年は、未来 …

ダブルギビング

Wgリネンエンブロイダーシャツ 18 Anniversary

先日の記事の続きです。全てのカラーのサンプルが揃い本生産分が2017年の月末には上がってくる事になりました。上の写真の一番左は先日ご紹介した製品。右がリネンの無地。それぞれ同じ形でWgの刺繍が入ります …

2018年1月13日(土)~14日(日)で売切り

今週末の2日間、写真のオリジナル商品を売切り価格として処分価格に致します。38.000円を9000+taxにて。同型で違う素材を使ったものなど合わせて約10着。ガウンコートとして展開してきた製品です。 …

b品市

1月27日(土)28日(日)の催し。

今週末2018年1月27日と28日は下記のイベントを実店舗にて行います。一部処分価格に設定した商品に関してはオンラインストアーからもご注文頂けるように設定致しました。また、月に一度のレディースB品市に …

ハンドプリントTシャツも今年4月に向けて新しい展開を企画中です。

analog創業時から続けてきたハンドプリントも、今年4月から新しい展開を企画しています。   明日 2月10日(土)からの地価フロアー一新に向けての売り切りイベントに合わせて、オリジナルの …