お店からのお知らせ

HANDPRINT PARKA

投稿日:

analog創業時から18年間続けてきたハンドプリント。

シルクスクリーンを使って一枚一枚、ボディとなるTシャツやパーカー等、洋服をキャンバスに見立てて制作するのが、自分たちのスタイルです。

工場では頼めないような位置へのプリントや、タトゥーインクを顔料にしてのプリントなど、シルクスクリーン・プリントの伝統的な技法に自分たち独自のアイディアを加えてきました。

手刷りならではの一枚一枚違った独特な雰囲気もお楽しみ頂けるハンドプリントは、analogの顔の一つです。

新デザインのプルオーバー・パーカー

新しいデザインはプルオーバーのパーカーにプリント予定。

自分たちの手の届く範囲のもので…

というD.I.Y.的なコンセプトのもと始まったハンドプリント。

今回の製品では、アメリカメーカーのインナー用にも使える8.0oz裏起毛のパーカーをボディに使用致します。

牛の頭蓋骨にペイズリー柄の模様を描き込んだデザインは、アート活動も行っているスタッフが制作したラフスケッチを、そのままシルクスクリーン版用のデータに落とし込んだもの。

 

死を思わせる骸骨と、生命の象徴でもあるペイズリー柄を同時に一つのイラストに描き込みました。

シルクスクリーン独特のプリントの風合いと、ラフスケッチの粗削りで抽象的な雰囲気の相性を考え、あえてラフスケッチをデザインとして製版を行います。

スポンサーリンク


プリントはバック、フード部、左胸の三か所へ、ブラックのボディにホワイトのインクでプリントを行う予定です。

 

こちらのデザインは、12/2(土)・3(日)の二日間、サンプルをご用意して予約会を行う予定です。

ハンドプリントについて

シルクスクリーン・プリントは多くの芸術家も導入している、芸術品を複製するための技術の一つで、孔版画の一種。

analogでは、音楽やメッセージ系のプリントから始まり、ミュージシャンがステージで着用してくれたことも…、現在ではイラストデザインのプリントも行っています。

その時、自分たちが感じたこと、考え方やメッセージをプリントしているという根底の部分は今でも変わらず、イラストはメッセージの隠されたものになっています。

これからも、自分たちのその時々の感覚で、メッセージやデザインを考え、制作していきます。

シルクスクリーンの小話

アンディ・ウォーホルを始め、多くの芸術家が使用してきたシルクスクリーンでのプリント。

音楽、特にアンダーグラウンドのパンクやハードコア・シーンのなかでもD.I.Y.の精神が根付いている人たちは、シルクスクリーンプリントの機材を導入して、自分たちの音楽アルバムのアートワークのプリントを自分たち自身で行っていたそう。

とくに初期のパンクやハードコアのシーンでは、レコード会社に相手にされなかったこともあり、自分たちでレコードの制作を行っていたそうです。

アメリカ西部のある伝説的なパンクバンドは、音楽よりも先に、バンドTシャツを作るところから活動を始めたそうです。

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

関連記事

白山メガネ

My collection to you. 白山眼鏡

1987年、今から30年前の事。学生だった僕はこのメガネにずっと憧れていました。バイトをしたお金を貯めて当時新宿にあった白山眼鏡店を訪れました。当時の価格は忘れてしまいましたが学生だった僕には高価すぎ …

ハンドプリントTシャツも今年4月に向けて新しい展開を企画中です。

analog創業時から続けてきたハンドプリントも、今年4月から新しい展開を企画しています。   明日 2月10日(土)からの地価フロアー一新に向けての売り切りイベントに合わせて、オリジナルの …

会員制

Membership system 会員制導入のお話し。

analogでは、4月末頃より一部会員制のサービスを始める準備をしています。元々2階に設置しているYoga教室のほうで導入を考えていた会員制サービスなのですが、会員になったYogaの生徒さんの特典とし …

フラップパース

手造りは私達のライフワークのひとつ。

手織りの生地を使ったものと、古いペンドルトンのブランケットを使いリメイクした手造りのフラップパース。2017年の1月に入ってから製作を始めてある程度の数量がまとまった時に販売を行います。(予定では20 …

doublegiving

19周年を機にスタートします。

「オリジナルなんです」なんて言ってみてもお店の独りよがりに過ぎません。もう何年もそんな事を感じてきました。そんな中で考えている事というよりは「オレはこれがやりたいんだ!」という一歩手前がこのデニム代替 …