お店からのお知らせ

mauna kea(マウナケア)| 手回し編み機の靴下。

投稿日:

マウナケア 靴下

奈良県広陵町にて手回し編み機を使い作られているマウナケアの靴下。以前から品揃えの一つとして取り扱いをさせて頂き、2018年の秋冬には別注も視野に入れながら動いています。昔の技術は何処か暖かく、そして現在の量産にはない良さがあります。analogでは、そんなマウナケアの靴下を大切に扱いながら数年取り扱いして参りました。お客様からは「あの靴下良かった」という声を沢山頂き、中には「もうあの靴下しか履けなくなっちゃった」という言葉も時折聞く事ができます。2018年の秋冬にはanalogの品揃えも大幅に変わるのですが、マウナケアへの別注なども考えながらこの春夏は引き続き展開をして参ります。

スポンサーリンク


 

about. mauna kea.

もとは足袋や素足の文化だった日本に、靴下が普及しはじめたのは明治時代。

文明開化と共に洋装が一般化し、靴下に合わせて履かれるようになった。

そうした需要を受け、明治後期より靴下の生産が盛んになったのが奈良県広陵町である。

江戸時代より綿花と木綿の産地だった広陵町は、その背景を活かして海外より靴下用の手回し編み機を導入。

大正時代には自動編み立て機も導入され、米作農家が農閑期に行う副業として広まった。

戦後の最盛期には、地元の組合に200軒以上の靴下工場が加盟していたという。

現在でも国内で生産される約6億本の靴下の中で、日本有数の靴下の産地である奈良県広陵町はシェア約4割と日本一を誇っている。

 

mauna keaで使用しているのは多彩な色糸とネップが不均一に混ざった杢糸。

機能性と天然素材にこだわり、吸湿性と速乾性を兼備させる為にコットンにヘンプを混紡した素材です。

厚手の生地ですので丈夫で抗菌消臭効果もあり汗を吸収する素材と水分を発散させる素材を混合しているので、

蒸れにくく爽快な履き心地がオールシーズン持続します。またゴム部分の締め付けを一箇所に集中させず、

ゴムの範囲を広くとる事でゴムの締め付ける力を分散しています。この結果ゴム部分が蒸れにくく、

痒みなどのお肌へのストレス軽減、またズレの防止効果を実現しています。

 

靴下は筒状に編まれるのですが、編み機の特性上、径の太さは一定になります。

その為、パターンで履き心地を出すには限界があり、編み目と糸の太さが重要になってきます。

一般的な編み機で靴下を製造する場合、その針数が170本~180本なのに対し、

日産80本ほどと規模は小さいながらも、25年以上も前から稼動し続けるこの編み機はその3分の1である60本です。

針数60本の靴下は、一般的な180本の編み機よりも編み目に余裕があり、糸も通常より太いものを使うことができる。

つまり余裕のある編み目がそれぞれの足のカタチに沿うため、とても履きやすい靴下になるというわけです。

編み機が古いものなので日本国内にはほとんど残っていませんが、ザックリとした編み目はこれでしか再現できません。

麻と綿の絶妙なバランスそして土踏まずを刺激するサポーター履き心地は抜群に良く

この混率が汗を吸い外へ出しあの嫌なベタベタ感が無く何時でもサラサラで快適また丈夫で長持ちも致します。

現在は吸湿速乾性をうたった化学繊維の靴下などもありますが、それは天然素材が本来もっている機能を再現したにすぎず、

ウールやヘンプでもその特性をうまくコントロールすれば十分快適な靴下はつくれるんです。

お客様が毎日、素肌に着用される大切な靴下だからこそより良いものを使っていただきたい、

一足一足、一編み一編みに想いを込めて制作しております。

 

以上はメーカーから送られてきている説明文章より引用しております。

一足の値段は量販店様で販売されている靴下の数倍になりますけれども、これだけの手間と手作業の工程を経て作られるマウナケアの靴下にはそれ相応の価値があります。僕自信もマウナケアの靴下を愛用しているのですがとても履きやすく、数年履いてもゴムが伸びたりはしてきません。これからの季節であればスニーカーソックスなどはゴムが伸びたら使い物にならないのですが、そんな心配もなく厚手でしっかりとした素材は足を包み込んでくれるかのようです。ご自分用にもプレゼントにも喜んで頂けるマウナケアの靴下。是非一度昔からの技術で作ったマウナケアを体験してみてください。

 

2018年1月17日~24日まで下記2018年春夏限定品番のご予約を弊店オフィシャルサイトで行っております。(3月末~4月末入荷予定)ご興味あればご覧下さい。

■【ご予約】MAUNA KEA SOCKS マウナケア手回し編み機靴下6色ツイスター

■【ご予約】MAUNA KEA SOCKS マウナケア手回し編み機靴下足裏ラインピコット

■【ご予約】MAUNA KEA SOCKS マウナケア手回し編み機靴下二段切り替えスニーカーソックス

■【ご予約】MAUNA KEA SOCKS マウナケア手回し編み機靴下パネルネップスニーカー

 

 

 

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

関連記事

マウナケア

奈良県広陵町で生産した手回し編み機の靴下。

奈良県広陵町で手回し編み機を使い生産されているマウナケアのくつした。今回は今年2017年秋冬の新しい製品を揃えて11月2日~4日まで特集を組みご紹介をさせて頂く事になりました。 昔の技術を使い生産され …

ミツマルさんちのスモークチーズ

ミツマルさんちのスモークチーズ|満丸燻製所

analogでは、満丸燻製所のスモークチーズとスモークベーコンの販売代行を一部請け負っています。代表加藤の義理の母が10年程前からやっているチーズとベーコンの燻製で、富士山周辺の静岡県、山梨県、神奈川 …

Wg graffiti

小さな街から発信するハンドプリント

1999年に始めた手作業のシルクプリント。Tシャツなどのボディーの好きな位置にどんなふうにでもプリントしたいという事から、専用のプリント台やスキージなどに至るまで、「身近にあるもの」「自分の手の届く範 …

ハンドプリントでの新たな試み、今週末のこと

ハンドプリントは、analogが創業当時から19年間近く続けてきたシルクスクリーンを使用した手作業でのプリント技法。 伝統的な印刷方法に、タトゥーインクの使用などの独自のアイディアを加えてきました。 …

doublegiving

analog19周年|ジャガードクラシックボーダー・5日間限定価格

現在流通していないデッドストックの生地を使い国内の縫製工場で仕上げたコンフォートサイズのポケット付きTシャツ。19周年に合わせて60着だけ生産したTシャツです。やや大きめのシルエットは男性でも女性でも …