社会的な活動Peaceful Action.

走り回るのを辞めた時

投稿日:2018年1月12日 更新日:

マインドフルネス長泉

洋服に携わってから約25年が経ちます。その中で上手くできなかった時もあれば、上手くできた時もあります。会社を大きくして、全国にお店を出したいと躍起になっていた時もあります。その永い道中で沢山の事を知りました。どん底を何度も経験しました。

しかし、そのどん底と思えてた時の経験こそが今は宝に思えます。成功を求めて走り回っていました。現在は他と比較するのを辞め、走り回ることを辞めました。沢山の情報が溢れる中で、どれを信じていいのかわからなくなる時もありましたが、比べる事をしなければ自然と必要な事だけを留めておく事ができるようになった気がしています。

世の中がどんどん便利になり、生まれてくる製品はパッケージ化された製品が多くなりました。私の生産する衣料は手作りの過程をどこかに持っています。ティーシャツなどへのプリントは自分たちで行ったり、付属になる部分を手造りしたりしている理由は、誰かが手を入れて製品にしていると感じて頂ける部分を残したかったからです。

ハードワークな現代社会の中で、あるいはグローバル化の中で走り続ける事を辞めるのは勇気のいる事なのかもしれません。幸せを手に入れるのではなく、幸せを感じる心を育む訓練がマインドフルネスの中にあります。

 

スポンサーリンク


 

現在は毎週月曜日と金曜日の早朝6時30分~7時までの30分間、ただ自分の内側をサーチしていく為の時間としてマインドフルネスを行っています。ただただ座る30分間、二階にあるヨーガ教室を借りてマインドフルネスの活動をしています。誰でも参加頂けますのでご希望の方は当日6時25分までにお店にいらして下さい。月に何度でも、毎回参加で1月約500円程の月ぎめ4000円にて参加して頂く事ができます。

Peaceful Action.は、例えば目の前のゴミを一人で拾えばたった一つのゴミを拾っただけの行為ですが、ゴミが落ちている事に気付いた50人が拾えば同じ時間の中で50個のゴミが拾われた事になります。これが100人だったら、1000人だったら、5万人だったら。

ゴミの話に例えましたが、一人一人の気付きが世の中を変えていくのではないでしょうか。Peaceful Action.は、集まって声を上げる訳ではなく静かに一人一人の気づきから始まります。

 

続ける事によって、Peaceful Action.が少しずつ大きな活動になる事を願いながら毎週行っています。人生に圧倒されてしまっている方は是非ご参加頂ければと思っています。

 

ピースフルアクションの活動はこちらより>>

-社会的な活動Peaceful Action.
-

執筆者:


comment

関連記事

情報に惑わされない|ピースフルアクション

「人生において重要なのは生きることであって、生きた結果ではない。」 というのは、ゲーテの残した言葉です。生きている間に、様々な困難や出来事に会う事がその証ではないでしょうか。その瞬間は、「本当に困った …

マインドフルネス三島市

「勝つ」のではなく絶対に負けない方法|ピースフルアクション

2016年の大晦日にテレビをつけると、クロン・グレイシーの試合を放送していた。クロンの父ヒクソン・グレイシーが、ヨーガからヒントを得た呼吸法を取りいれているという知識があったので、少し観てみることにし …

マインドフルネス

何もせず文句だけを言うのなら|ピースフルアクション

「真実は必ずあなたに追いつく。しかし法律だけでは十分ではありません。心が変わらないといけないのです。それは一夜にして変わるものではありません。社会的な態度は世代という長い時間をかけて変わっていきます。 …

マインドフルネス

興味と注目 |ピースフルアクション

街の中を歩いていたり、車に乗って出かけたり、インターネットを見ているときに、興味のあるものには目がとまります。何故目にとまるのかをよく考えてみると、その事にとても興味があり頭の中でいつもそこに注目して …

『酪農王国オラッチェ』にて、スクリーンプリント体験イベント Peaceful Action Vol.1

“ピースフルアクション”の活動は、自分たちの会社(お店)が何に役に立てるのかという事から始まりました。3月24日(火)~3月25日(日)の二日間、静岡県田方郡函南町丹那349− …