お店からのお知らせ

イベントスペースは2017年2月末Wg graffitiにリニューアル

投稿日:2017年1月6日 更新日:

wgグラフィティ

ながい間イベントスペースとして使ってきたanalog本店に隣接するイベントスペース。正直な所、隣のスペースまで手が回らずアウトレット品などをお安くご紹介するスペースとして使用してきました。今年は、未来を担う新しいスタッフも入り2017年2月末にWg graffiti(ダブルジー・グラフィティ)としてリニューアルを計画しています。

 

スポンサーリンク


 

Wg graffitiとは。

WgはanalogのオリジナルブランドであるDouble Givingの略式、graffitiは主にグラフィックの事を示します。Double Givingは素材から手配し、企画・デザインをし洋服を国内かイギリスの工場を使い生産するブランド。

 

一方Wg graffitiは、国内に流通するTシャツやバッグ、エプロンなどのボディを使い、グラフィックを施す事によりどこまでのデザインができるかというコンセプトを持っています。そのボディは、ありきたりのモノもありますが視野を拡大しアメリカのワークウエアーや、時にはすでにブランドとして成り立っているものへのプリントも施します。

 

新しい試みとしてVintage Bandana Colectionを開始します。オリジナルデザインのバンダナを定番とし、毎シーズンコレクションのように発表していく予定です。(上のデザインは、第一回目のデザイン。シーズン毎に新しいデザインを追加していきます。)

 

1980年代後半、初期のステューシーやX-LARGEストアーがやっていたカーハートのジャケットやベンディビスといったワークウエアーへの刺繍やプリントを意識し様々なものに二次加工としてのプリントや刺しゅうなどを施し展開を考えています。

 

プリントの手法・ハンドプリントに関して

analogは1999年の創業当時から、シルクスクリーンを製作し工場には出さずに自分たちの手によるプリント作業を行ってきました。その流れを断ち切る事なく、店内にはプリントを施すスペースを設置。工房がそのまま店として機能しているというイメージになります。

 

そのハンドプリントの手法の基本は、「自分たちがすぐに手に届くものを道具として使う」という鉄則があります。資本主義の中で、資金力がある会社だけが有利に動く中、そのような会社の真似できない事をやるという意味合いがあります。

 

プリントを施す為の専用テーブル、スキージ、に至るまで本格的な設備無しで、自作のものを使い独特なプリントをしています。

 

インクには、タトゥーインクを顔料にしたインクをつくりプリントしています。タトゥーインクを選んだ一つのポイントは、身体に入れて害の少ないものを探し行きつきました。場合によりプリントした個所が直接体に接する事もある為、インクには最大の気を使いつつ、アンダーグラウンドな雰囲気を出す為の工夫です。

 

調べると、タトゥーインクも現代ではオーガニックなものが多数販売されており、専用のプリントバインダーとの相性を見ながら色を作っています。自給自足に近い手法は、本体のanalogが展開コンセプトにしている「自分の周りにあるものを使い恒久的に持続可能な手法を考える」という「パーマカルチャー」を主体に考えた結果、この手法を恒久的手法として根付かせています。

 

手作りの店

analog本店は内装の業者にお願いをして、共に考えながら内装を施しました。しかし、そのスタートは手作りの内装でした。Wg graffitiは初心に帰る意味、そして、パーマカルチャーに則ったスタッフが創る店になります。

 

原則、「什器は売っているものを使わない」という事です。建物は築40年はたっている木造でボロボロの建物。そこを自分たちの手で何処までの空気を出せるかが決め手です。

 

リサイクルショップで集めたものなどを使い、JUNKでチープだけれどもポップで良い雰囲気を目指します。

 

今まで展開していた商品

今までこのスペースで展開していた商品は、月に1度店頭にテントを張り「B品市」として展開をします。常設だった今までと違い「いつでも買える」という事がなくなりご不便をお掛けしてしまいますが、この田舎の街にとって一つの文化のようなものを創造したいという想いからこのような展開へと変更させて頂く予定です。

 

地域に根付いた、価格も手ごろなB品を辞めてしまう事はありません。これはanalogがオリジナル商品を作り続け、工場様がB品の供給に協力して下さるという流れが変わらない限り続けて参ります。

 

「格好の良い」という事はファッションには欠かせないものですが、ご近所の方とはこのB品を通じて顔見知りになり、永くお付き合いをさせて頂いています。第一にそのお客様方に期待して頂いていたモノは売り方は変わりますが変わらずご紹介して参ります。

 

現在の所、Wg graffitiのリニューアルオープン予定は2017年2月25日(大安)です。全力で準備を進めますが、小人数でのリニューアルですので予定が変わる事がありましたら、こちらでご報告をさせて頂きます。

 

 

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


  1. buy cialis より:

    You’re so cool! I do not think I’ve read a single thing
    like that before. So nice to discover someone with some unique thoughts on this subject.

    Really.. many thanks for starting this up. This web site is something that’s needed on the
    web, someone with a little originality!

comment

関連記事

マウナケア 靴下

mauna kea(マウナケア)| 手回し編み機の靴下。

奈良県広陵町にて手回し編み機を使い作られているマウナケアの靴下。以前から品揃えの一つとして取り扱いをさせて頂き、2018年の秋冬には別注も視野に入れながら動いています。昔の技術は何処か暖かく、そして現 …

テーブルウエアー

My collection to you.テーブルウエア

現代のものよりも何故か古いものに目をひかれてしまいます。小物の品揃えをする際に雑貨のメーカーと取引をすれば、それなりに今風の売れる商品も揃えられるでしょう。しかし、何故かそれをしたくないという想いと、 …

HANDPRINT PARKA

analog創業時から18年間続けてきたハンドプリント。 シルクスクリーンを使って一枚一枚、ボディとなるTシャツやパーカー等、洋服をキャンバスに見立てて制作するのが、自分たちのスタイルです。 工場では …

【お正月特別セール①】 ZANTER ダウンジャケット など… 2019年1月2日~

お正月の特別セールの商品として、今年はanalogでも別注をお願いしオリジナルのダウンジャケットを制作したザンターさんから商品が入荷。 その他、お正月特別企画の一部をご紹介致します。   【 …

3日間だけの限定。

何度かお話をさせて頂いているのですが、analogは品揃えを秋に向けて一新していく事を考えています。現状は地下の売場を一旦閉鎖して秋口への準備をしながら今季の新商品などは1階のスペースでご紹介を続けて …