お店からのお知らせ

ハンドプリントTシャツも今年4月に向けて新しい展開を企画中です。

投稿日:

analog創業時から続けてきたハンドプリントも、今年4月から新しい展開を企画しています。

 

明日 2月10日(土)からの地価フロアー一新に向けての売り切りイベントに合わせて、オリジナルのハンドプリントTシャツも全品50%OFFで販売致します。

スポンサーリンク


関連記事 地下フロアーを半年かけて一新します。

PICKUP
人体図のデザインは、カート・コバーンの着用していたTシャツをデザインソースに、スタッフが手書きで描き起こしたデザイン。
文字も手書きで、文字の形にまで意味のある、様々な小ネタを含んだデザインです。
全ての色をタトゥーインクを顔料としたインクでプリントしており、赤の部分に関してはイメージ通りの色をつくるところから始めています。
感覚だけを頼りに、あえて量などは測らず色をつくりましたので二度と同じ色をつくることは出来ません。
写真のTシャツ(アメリカメーカー Sサイズ)が正真正銘最後の一着です。
アンダーグラウンドシーンに対する、イメージと真実について描かれたデザインです。
中には、ENTRY SGのTシャツをボディに使用したものも少量ですが紛れています。
analogのハンドプリント製品の中でも人気の高かいNEGATIVE CREEPのプリントを、感じの良いボーダーのTシャツに行った商品。
胸ポケットの上からプリントを行っているため、ハンドプリント独特の雰囲気がお楽しみ頂けるかと思います。
こちらも、廃盤のボディにプリントを行った商品で、こちらが最後の一点になります。
サイズはMサイズ。
他にも、音楽、カルチャー、哲学などをテーマにしたデザインのハンドプリントTシャツがございますのでこの機会に是非、自分の考えや生活と合うデザインをお手に取って頂ければと思います。
ハンドプリントTシャツは現在オンラインでは販売を行っておらず、店頭のみで販売を行っております。

これからの展開

ハンドプリント製品のこれからの展開は、現在企画中で未確定の部分も少なくないため、まだあまりお話しすることが出来ませんが、今ままでとは違った新しい方法・形態での販売を予定しております。

 

今年4月の第2週から、新しい展開での第1回目の製品がご紹介できると思いますのでお楽しみにお待ち下さい。

ハンドプリントの新しい展開については、少しずつこちらのブログでもお知らせしていきます。

 

関連記事

日本製 オリジナル ヘンリーネック を売切り価格で…

ハンドプリント

-お店からのお知らせ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HANDPRINT PARKA

analog創業時から18年間続けてきたハンドプリント。 シルクスクリーンを使って一枚一枚、ボディとなるTシャツやパーカー等、洋服をキャンバスに見立てて制作するのが、自分たちのスタイルです。 工場では …

ハンドプリント – リメイクイベント

  2017年も残りわずか… 大掃除で捨てるかどうか悩んでいるTシャツやパーカーなど、 analogでは今週末12月23日(土),24日(日)の二日間、ハンドプリントでのリメイク …

ダブルギビング

Wgリネンエンブロイダーシャツ 18 Anniversary

先日の記事の続きです。全てのカラーのサンプルが揃い本生産分が2017年の月末には上がってくる事になりました。上の写真の一番左は先日ご紹介した製品。右がリネンの無地。それぞれ同じ形でWgの刺繍が入ります …

オリジナルパーカー

オリジナルプルオーバーパーカー。

大昔に買ったヘインズ(アメリカ製)のパーカーを25年以上たった今も僕は愛用しています。袖のリブはボロボロ、そして生地は向こう側が透けて見えるくらい薄くなってしまっているのですが、それを今でも愛用してい …

白山メガネ

My collection to you. 白山眼鏡

1987年、今から30年前の事。学生だった僕はこのメガネにずっと憧れていました。バイトをしたお金を貯めて当時新宿にあった白山眼鏡店を訪れました。当時の価格は忘れてしまいましたが学生だった僕には高価すぎ …