社会的な活動Peaceful Action.

「勝つ」のではなく絶対に負けない方法|ピースフルアクション

投稿日:

マインドフルネス三島市

2016年の大晦日にテレビをつけると、クロン・グレイシーの試合を放送していた。クロンの父ヒクソン・グレイシーが、ヨーガからヒントを得た呼吸法を取りいれているという知識があったので、少し観てみることにした。そのスタイルは、グレイシー柔術と呼ばれる完成したものだった。

それは、あきらかに他の選手とは違う試合運びである。格闘技について深く詳しい訳ではないのだけれども、様々な事に当てはめられるヒントがこの試合の中にはあった。

元々、ヨーガ的考えであれば「戦う」という事自体がその意には沿わない。しかし合気道の考え方はヨーガの考え方にとても近い部分がある。そして、ビジネスにも生活にも同じ事が言えるのではないか。

例えば、私は衣料品を主として扱っているのだがトレンド的な流行を瞬時に取りいれるような事はしない。それはとても地味なやり方である。派手さはなく、コツコツと小さく繰り出すパンチのようなものだ。

まだ確立はされていなのだけれども、自分たちのしている事が間違いではない事に気づく。派手さやトレンド力の無いものは見ている側はつまらない。そして観戦している大半の方々が対戦相手の日本人選手を応援していただろう。しかし、私はクロンを応援していた。何故ならそのスタイルが制するのであれば、自分たちのやっている事が正しいと証明されるに等しいからだ。

 

スポンサーリンク


そんなふうに、私達もあなたと同じように「何が正しいのか」という事に対して時折一喜一憂する。そして、それを正しいと導いてくれる存在に憧れるのではないだろうか。ヒクソン・グレイシーがヨーガや呼吸法を取りいれている理由の一つに「動物の自然なしなやかさを身に付けることで格闘家の動物的本能を伸ばすことが目的」と書かれている。

自然の偉大なる力は未知数であり、そんな偉大なるものに触れ、勝ち負けではなく「どう自分のスタイルを貫くか」は、いつの時代になっても世界中の人々の課題ではないだろうか。働き方、生活の仕方、商売のあり方。そういう根本的なものに目を向け見直し、考える。時には学習してきた理論や受けてきた教育にも見直しの目を向ける必要があるのだと感じる。

 

analogの2階にはヨーガ教室があります。日本では美容健康という側面だけをクローズアップした「女性のモノ」というイメージがあるのですが、analogでは男女関係無く生活に役立てる為に教室を行っています。ピースフルアクションの活動はこのヨーガの考え方を基本として行っております。人をどう創るか、自分をどう創るか。言い方が悪いのかもしれませんが、その生き方とファッションというのは密接に関係しているという信念は今も変わっていません。

 

関連記事(弊社外部サイト):Yoga Bija

カテゴリートップ:■社会的な活動

 

 

 

-社会的な活動Peaceful Action.
-

執筆者:


comment

関連記事

マインドフルネス

パーマカルチャー / マインドフルネス

  「人間にとっての恒久的持続可能な環境をつくりだす為のデザイン体系」の事をパーマカルチャーと呼びます。私のデザインする、あるいは製造する洋服はこの概念を主体に考えています。パーマカルチャー …

ヨーガ マインドフルネス

早朝のマインドフルネスクラス再開。

analogの2階にはヨーガ教室があります。そして今更ですが先日インスタグラムを始めました>> 毎週、月曜日と金曜日の早朝6時30分から7時までマインドフルネス瞑想のクラスを続けていたのですが新しいプ …

マインドフルネス長泉

走り回るのを辞めた時

洋服に携わってから約25年が経ちます。その中で上手くできなかった時もあれば、上手くできた時もあります。会社を大きくして、全国にお店を出したいと躍起になっていた時もあります。その永い道中で沢山の事を知り …

Mindfulness

やっかいごとだらけの人生 / マインドフルネス

休日の日は、近所の海に出かけていき気持ちを落ち着けるような習慣をつくっています。 普段の仕事では、あれをやらなきゃ、これをやらなきゃの繰り返しで、やっと一つの事にとりかかると電話がかかってきたりする、 …

マインドフルネス

何もせず文句だけを言うのなら|ピースフルアクション

「真実は必ずあなたに追いつく。しかし法律だけでは十分ではありません。心が変わらないといけないのです。それは一夜にして変わるものではありません。社会的な態度は世代という長い時間をかけて変わっていきます。 …